商圏調査の手順はこうだ

精肉店の販促

「こうして売上げを伸ばした100のアイデア」

2019年11月1日号 【随時公開中です!】

 

今日は

≪商圏調査の手順はこうだ≫

というテーマです。

 

※内容が多いので数回に分けて掲載します。

 今回は「商圏調査の手順」について

 

 

 

—————————————————-
●実際の手順を見ていきましょう。
—————————————————-

※文中の表各種は、文末のリンク一覧をごらんください。

 

1・調査期間を決めます。

食料品など来店頻度の高いお店では一週間、衣料品、家電

などの買回り品のような来店頻度の低いお店では最低一ヶ

月は調査したい。

 

2・来店客全員に精算のとき『すみませんがお住まいの町名

を教えていただけませんか?』と聞き『 町 丁目』まで

聞きます。それを所定の用紙(あらかじめ周辺の町名と丁目

をアイウエオ順で記入しておく)に書き込んでいきます。

重複しますので『正正・・・』と書いていきます。(※表1参照)

※教えて下さらないお客様もいますがそれは仕方ありません。

※レジが混雑するお店ではアルバイトを使って(訓練して)、

店舗入り口で聞き取りするなど考えます。

 

3・以上の簡単な方法ですが実施前には精算係全員に調査の

目的と、失礼のないような接客態度について充分な説明が

必要です。

 

4・用紙は※表2をコピーして使ってください。表1のように

書き込んでいきます。

 

5・調査日ごとに集計します。用紙は一日ごとに替えてくだ

さい。

 

6・調査が終わったら地図を買ってきてください。(5千分

の一~1万分の一くらいのもの)。地図の上に書き込みま

すので、適当な大きさに拡大コピーをとってください。

 

7・別図(※表1)のように、自店の場所にアカで大きめに

●印を書き入れ、それを中心に半径500mの円をコンパス

で引きます。1kmの円も参考までに引くといいでしょう。

さらに競合店や大型店はアオで●印を書き入れます。

 

8・別図(※表1)のように、地図上に、集計用紙の結果を見

ながら来店客の数だけ、黒で●印を書いていきます。地図

にない遠方からの分は、地図の欄外にでも地区名と人数を

書いていきます。客数が多い場合は10人単位にしてもいい

でしょう。

 

 

 

 

—————————————————-
●さあ商圏が姿をあらわしました
—————————————————-

調査前の感覚と比べてどうですか?自店の商圏が思いのほ

か広いか、狭いか、予想通りか?しばらくは地図を見て考

えてみて下さい。

 

 

 

 

—————————————————-
●商圏分析
—————————————————-

1・初回の第一回調査は、以前と比較しょうがないので綿

密には分析できませんが、商圏がはっきりしたことでさま

ざまな販促の手立ての参考にできます。

初回の調査はまず『現状を知る』のが目的ですので、一般

的な商圏対策になります。年ごとに商圏は変化しますので、

今後毎年同じ時期にぜひ調査してください。

 

2・さて、地図上の●印が多い所はお客様がたくさん住ん

でいる所。当然お店を中心に多くなっているはずです。
  
一般的に食料品などの最寄り品では500m以内の第一次商

圏が多いですが、お店の規模や、やり方によっては広い

商圏を持つ場合もあります。
  
ちなみに筆者の得意先では約60%が地元客で、約40%が

周辺の市町からの来店客というケースもあります。

また衣料品や家電などの買回り品の場合は、商圏が広め

になるでしょう。
  
商圏内に競合店や大型店がある場合は、その付近のお客

様が少ないこともあります。この機会に商圏内を徒歩か

自転車でじっくり見て回ることをおすすめします。

 

3・半径500mより外側の広商圏からのお客様もいるでし

ょう。お店から一番遠い地域を現在の限界地域とします。

 (旅行客とか通販などは除く)。
  
広商圏型のお店の場合は、地図と併せてエクセルを使っ

て円グラフにすると地域の分布がよく分かります。

 

4・地図をじっくり見て気づいたことをメモしていきまし

ょう。たとえばどの地域が強く、また弱いか。考えられ

る理由は、など。

 

5・自店はどちらに近いですか?

●半径1キロメートル(特に500メートル以内)のお客様が

ほとんど。・・・地元型(年商1億程度までの店が多い)

※人口密度の多い地域は別ですが。
  

●半径1キロメートル以内のお客様が50~80%くらい。

あと20~50%がそれ以遠。・・・広商圏型(年商1億以上

の店が多い)。

 

 

 
—————————————————-
※この章の参考図表はこちら
—————————————————-

→  http://maezawa-plan.jp/PDF/meruburo_20190427syoukentyousa.pdf

表1 来店調査表見本 地図見本

表2 来店調査表
—————————————————-
※次回は調査結果をふまえての商圏対策について
—————————————————-

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

●お肉屋さんはじめ、小売業・サービス業の

 【販促コンサルティング】を承ります。

※詳しくは下記をごらんください

◆精肉店の販促 http://maezawa-plan.jp?p=760
 
◆社長の相談相手 http://maezawa-plan.jp?p=724

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

 

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   【イキイキ経営をお手伝いします】
 マエザワプランの経営活性化支援サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

私は精肉店の販促専門家です

30年以上、和歌山県・三重県のある精肉チェーン店の販促・営業企画を担当して、
地域一番店に成長させるお手伝いをしてきました。

その実績をもとにお肉屋さんの販促ビジネス本を出版し、アマゾンや大手書店で
ランクインしました。
また、雑誌「月刊商業界」にも販促特集などを執筆しています。

現在は、お肉屋さんの売上げと利益を上げるためのセミナー講師やコンサルティング、
販促ツールの通信販売をしています。

精肉店の売上げ増のお役に立てれば幸いです。

 

 

●前沢しんじ【販促アドバイザー】経歴と著作

 

和歌山のスーパーオークワ販促チーフ、支店長を経て独立。販促企画会社を起業。
以来30年以上顧問先の精肉チェーン店などでさまざまな売上げ・利益増加策を展開し、
地域一番店成長に導いた。

 

得意分野は販促キャンペーン(地域一番店戦略)、ロス退治(利益増加戦略)。

主な著作は、ビジネス本「販促キャンペーン実践法」(同文舘出版)ほか、
雑誌「月刊商業界」にロス退治術や販促事例について執筆多数。
「販促メルマガ」は週2回配信で現在717号。無料ですのでぜひご講読ください。
→ http://archives.mag2.com/0001196710/

※詳しいプロフィールは→ http://maezawa-plan.jp?p=42
※著作について詳しくは→ http://maezawa-plan.jp?p=40

 

●講演・セミナー実績

和歌山県・三重県の顧問先の精肉チェーン店様では30年間に500回以上の社内会議
・研修・セミナーを実施、
その他和歌山商工会議所様、福井県鯖江商工会議所青年部様、日本青年会議所様
一部上場メガバンク様、東北・北関東大手
フランチャイズ加盟店様、
和歌山県内ローカルスーパー様、和歌山県内小売業様、

各地税理士事務所様、自治体団体様など多数

※講演セミナー実績について詳しくは→ http://maezawa-plan.jp?p=384

 

●お気軽にお問い合わせください → マエザワプラン 前沢しんじ

・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでもOK maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPからのお問い合わせは http://maezawa-plan.jp?p=69
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36