郵便局全国通販で7,707個を売ってナンバーワンに!

精肉店の販促

「こうして売上げを伸ばした100のアイデア」

2019年3月20日号 【随時公開中です!】

 

ある精肉チェーン店の

≪郵便局全国通販で7,707個を売ってナンバーワンに!≫

というテーマです。

 

 

 

—————————————————-
●やるからにはナンバーワンになろう!
—————————————————-

 

「郵便局の通販ってのがあるらしくて、そこに出してみた

らどうでしょうか」

 

若手の社員が言ったひとことから始まりました。

私がコンサルとして参画していたある精肉小売店チェーン

では、営業部長と私が1週間に2~3回、定期的に雑談(実は

これがすべての営業の種になっていくのですが)をしてい

ました。そこにはだれでも参加できるよいうにいつもドア

をあけていました。

 

ですからあるときは社長がきて長時間話をしていく、そこ

にパートさんが参加してなんかアイデアを言う。ベテラン

が来て座っていく、中堅が顔を出す、若手がなにかを持っ

て訪ねてくる、遠くの店の店長がひょいと来る、退職した

社員が訪ねてくる、などのまったくフリーな「コミュニケ

ーションの場」でした。

 

実はここから多くの経営、販促アイデアが生まれることに

なるのですが、今後おいおい紹介していきます。

 

●その若手のひとこと「郵便局の全国通販」に私と部長が

飛びついたのです。

O部長

「お、それおもろそうやな。いっぺん調べてみてくれ」

翌日にはさっそく彼がパンフレットをもってきました。

http://maezawa-plan.jp/PDF/meruburo_20180524postalpanf.jpg

 

「Oさん(営業部長)、これどうやろ?いけるんちゃう?」

O部長はパンフレットをしばらく凝視して言いました。

「やってみよう。外商部作らなあかんな」

即答どころか、彼はそれに本格的に取り組むための組織作

りまで考えていたのです。

 

前回の新店舗開店の時でもそうですが、僕と彼は30年の苦

楽を共にしてきた阿吽の呼吸があって、それぞれが提案し

たことは基本的に「すべてOK」というものでした。

 

その後1ヶ月もたたないうちに外商部が設立されました。

陣容は、人員2名。売上げ予算月400万。そしてチーフには

言い出しっぺの若手社員O君!彼は牧場勤務からいきなり

外商部チーフになった、というかさせられた!わけです。

 

もちろん組織ですから、社長の承認や、人員の配置転換に

伴うさまざまな事務手続きなどの要件はありますが、その

会社は柔軟且つスピードがモットーでした。

 

 

●O部長の「やるからにはナンバーワンをとるぞ!」の大

号令をもとに主要テーマが決められました。

 

(1)最低でも5000個売る。

(2)5000個になると一店舗では手に負えない。そのために

  は全店で一致して、同じ品質の商品を、おなじ時間で

  つくる仕組みを作らなければならない。

(3)クレームゼロのために徹底した事前シミュレーション

  を行う

 

その後、部長主導で商品づくり。

http://maezawa-plan.jp/PDF/meruburo_20180524postalsukiyaki.jpg

全店で意志統一と情報共有のための会議を1週間に2回。

 

●商品の納品は3日間で行う(2日間だったかも)。

当然3日間は戦争状態です。店舗を営業しながら別口で通

販商品を作るのですから、その忙しさ緊張感は想像を絶し

ます。

 

まさに「戦争」でした。

 

 

 



—————————————————-
●結果
—————————————————-

 

これまでの記録は、九州のある精肉企業が売った約3000個

でした。それを大幅更新して7,707個!

部長の宣言通り「ナンバーワン!」に輝きました。

そしてクレームは「実質ゼロ」でした。(たった1個だけ

不可抗力によるものあり)

 

 

 

 

—————————————————-
●だいじなこと
—————————————————-

・何かをやると決めたら「徹底的」にやる

 

・小さくまとまるな。目標は大きくもとう。目標を実現す
 るためにはそのための段取りをじっくり練る。そして完
 璧に計画と準備を行う。

 

・みんなの力を結集するには「やる気共有」と「情報共有」
 が必須

 

・だれの意見でも聞く。若手でもパートでもアルバイトでも。
 みんなけっこういいアイデアをもっている。その提案場所
 がないだけの場合がある。だからオープン会議は効果的。

 

・「そんなことしてもダメだろう」などの先入観をすべて
 排除する。先入観ほど成長を阻害するものはない!

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●お肉屋さんはじめ、小売業・サービス業の

 【販促コンサルティング】を承ります。

※詳しくは下記をごらんください

◆精肉店の販促 http://maezawa-plan.jp?p=760
 
◆社長の相談相手 http://maezawa-plan.jp?p=724

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

誰でもすぐできて、費用がかからず、効果のある販促

『字が下手でもOK!筆で書く大型POP広告』

についての、

 ◆コンサルティング

 ◆受注製作 

 ◆商工会議所様、商工会様、青年部様、企業様、団体様
  などでの出張セミナー講師、また社内教育セミナーな
  どの講師

 のご用命を承っています。
 
 ※詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=1065

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

5000円!ネットで経営コンサルティング

 

≪販促と組織活性化≫に関するコンサルティング
を料金すべて一件5000円(税別)で承ります。

コンサルティングの具体的なテーマを豊富に用意
しています。すべてマエザワプランが現場で実証
してきた実践的なものです。

⇒ぜひごらんください
http://maezawa-plan.jp?p=1235

メール・電話・FAXを利用しながら問題点をお
聞きして、貴社にあわせた具体的な提案書(資料付
き)をお出しします。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   【イキイキ経営をお手伝いします】
 マエザワプランの経営活性化支援サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

私は精肉店の販促専門家です

30年以上、和歌山県・三重県のある精肉チェーン店の販促・営業企画を担当して、
地域一番店に成長させるお手伝いをしてきました。

その実績をもとにお肉屋さんの販促ビジネス本を出版し、アマゾンや大手書店で
ランクインしました。
また、雑誌「月刊商業界」にも販促特集などを執筆しています。

現在は、お肉屋さんの売上げと利益を上げるためのセミナー講師やコンサルティング、
販促ツールの通信販売をしています。

精肉店の売上げ増のお役に立てれば幸いです。

 

 

●前沢しんじ【販促アドバイザー】経歴と著作

 

和歌山のスーパーオークワ販促チーフ、支店長を経て独立。販促企画会社を起業。
以来30年以上顧問先の精肉チェーン店などでさまざまな売上げ・利益増加策を展開し、
地域一番店成長に導いた。

 

得意分野は販促キャンペーン(地域一番店戦略)、ロス退治(利益増加戦略)。

主な著作は、ビジネス本「販促キャンペーン実践法」(同文舘出版)ほか、
雑誌「月刊商業界」にロス退治術や販促事例について執筆多数。
「販促メルマガ」は週2回配信で現在717号。無料ですのでぜひご講読ください。
→ http://archives.mag2.com/0001196710/

※詳しいプロフィールは→ http://maezawa-plan.jp?p=42
※著作について詳しくは→ http://maezawa-plan.jp?p=40

 

●講演・セミナー実績

和歌山県・三重県の顧問先の精肉チェーン店様では30年間に500回以上の社内会議
・研修・セミナーを実施、
その他和歌山商工会議所様、福井県鯖江商工会議所青年部様、日本青年会議所様
一部上場メガバンク様、東北・北関東大手
フランチャイズ加盟店様、
和歌山県内ローカルスーパー様、和歌山県内小売業様、

各地税理士事務所様、自治体団体様など多数

※講演セミナー実績について詳しくは→ http://maezawa-plan.jp?p=384

 

●お気軽にお問い合わせください → マエザワプラン 前沢しんじ

・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでもOK maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPからのお問い合わせは http://maezawa-plan.jp?p=69
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36