ヒットチラシ事例(5) 切り口をかえて新しいニーズを創る

精肉店の販促

「こうして売上げを伸ばした100のアイデア」

2019年10月17日号 【随時公開中です!】

 

今日は

≪ヒットチラシ事例(5) 切り口をかえて新しいニーズを創る≫

というテーマです。

 

 

 

—————————————————-
●肉を和風に食べるという新しい切り口
—————————————————-

肉を調理するとき、焼く、炒める、蒸す、炊く、あるいは

生で、という色々な方法があります。

 

また食べ方としてもすき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、

焼肉、カレー・シチュー、タタキに刺身、さらに巻物、炒

め物、挽肉加工・・数えきれないくらいたくさんの食べ方

があります。

 

たとえば焼肉にしても、素焼きでタレをつけて、塩こしょ

うして焼肉、タレを漬けての焼肉など、お好みによって色

々な食べ方があります。

つまり食べ方の分だけ新しいニーズがあるということです。

 

思いだしてください。2010年に「食べるラー油」というブ

ームがあったこと。ラー油なんて調味料だろうと思ってい

たら意外な食べ方で大ヒットとなった。

 

ですから肉屋としては「こんなお肉の食べ方はいかが?」

という訴えを常にお客様に仕掛けなければなりません。

去年と同じことをしていては、絶対に昨年を上回ることは

できません。

 

●今回紹介するヒットチラシは

「大根おろしにポン酢。和風であっさりおいしく」です。
http://maezawa-plan.jp/PDF/meruburo_20190219wahuu.pdf

しゃぶしゃぶシーズンに先駆けて、「お家しゃぶしゃぶ」

をもっと売り込みたいと、しゃぶしゃぶキャンペーンを展

開したシリーズのひとつです。

 

しゃぶしゃぶとあわせて、ステーキも、焼肉もいっしょに

「和風で食べる」というくくりで販促展開しようと。

 

実際に筆者自身が大根おろし+ポン酢でよく食べていて、

日本的でとてもおいしいことは経験済み。

 

焼肉なんかは厚めの焼肉カットよりも、うす切りのほうが

大根おろし+ポン酢にはよく合うので、すき焼き用のうす

切り肉もこの際鉄板焼きとして売ろうと。

 

 

 

 

—————————————————-
●新しいテーマは新しいマーケットを創って、さらに・・
—————————————————-

お客様に、新しいテーマを提供することは、新しいマーケ

ットを創ることであり、それは「新しい売上げ」を創るこ

となのです。

 

トヨタがプリウスという「カローラに変わる新しい品」を

開発、販売してなければ、今のトヨタはない。

 

ユニクロが安物衣料ばかり売って「フリース」というこれま

でになかった素材の商品を開発販売してなければ、今の世界

のユニクロはない。

 

肉屋はスーパーに負けるはずがないのです。肉なら自分た

ちが詳しいんだから。スーパーにできないような肉屋職人

ならではの新しい商品、新しい食べ方、新しい陳列、新し

い組み合わせ、新しいネーミング、新しい販促を考えまし

ょう!

 

 

 

—————————————————-
●結果
—————————————————-

 

企画初年度は際立った伸びはなく、昨対を少し上回るくら

いでした。ただ何もしなければ落ちるのが売上げなので、

昨対を上回ることはまずは合格です。

 

ところが、、、、

 

だんだんと「和風おいしかったわ」という声を聞くように

なって、それ以降確実にそのニーズを持ったお客様が増え

ました。

 

味付焼肉のひとクラス上の「たれ仕込み焼肉」を開発販売

したときもそうでしたが、新商品はなかなか一度では定着

しないものです。しかし「これを売り込む!」という商品

を、お客様の反応も見ながら辛抱強く売り込んでいけば、

日の目を見る商品がかならず現れます。もちろんすべてう

まくいくわけではありません。しかし投げないボールは決

して返ってきません。投げ続けたものだけに返ってくるの

です。

 

何かを考え、企画して、創って、仕掛ける。その年はダメ

でもだんだんと定着してきて、何年かするとしっかり稼ぐ

商品に成長している。そんな品が一品でもあったら間違い

なく成長の土台になります。

 

新しい商品、新しい食べ方、新しい陳列、新しい組み合わ

せ、新しいネーミング、新しい販促を常に仕掛けましょう。

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

●お肉屋さんはじめ、小売業・サービス業の

 【販促コンサルティング】を承ります。

※詳しくは下記をごらんください

◆精肉店の販促 http://maezawa-plan.jp?p=760
 
◆社長の相談相手 http://maezawa-plan.jp?p=724

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

 

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   【イキイキ経営をお手伝いします】
 マエザワプランの経営活性化支援サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

私は精肉店の販促専門家です

30年以上、和歌山県・三重県のある精肉チェーン店の販促・営業企画を担当して、
地域一番店に成長させるお手伝いをしてきました。

その実績をもとにお肉屋さんの販促ビジネス本を出版し、アマゾンや大手書店で
ランクインしました。
また、雑誌「月刊商業界」にも販促特集などを執筆しています。

現在は、お肉屋さんの売上げと利益を上げるためのセミナー講師やコンサルティング、
販促ツールの通信販売をしています。

精肉店の売上げ増のお役に立てれば幸いです。

 

 

●前沢しんじ【販促アドバイザー】経歴と著作

 

和歌山のスーパーオークワ販促チーフ、支店長を経て独立。販促企画会社を起業。
以来30年以上顧問先の精肉チェーン店などでさまざまな売上げ・利益増加策を展開し、
地域一番店成長に導いた。

 

得意分野は販促キャンペーン(地域一番店戦略)、ロス退治(利益増加戦略)。

主な著作は、ビジネス本「販促キャンペーン実践法」(同文舘出版)ほか、
雑誌「月刊商業界」にロス退治術や販促事例について執筆多数。
「販促メルマガ」は週2回配信で現在717号。無料ですのでぜひご講読ください。
→ http://archives.mag2.com/0001196710/

※詳しいプロフィールは→ http://maezawa-plan.jp?p=42
※著作について詳しくは→ http://maezawa-plan.jp?p=40

 

●講演・セミナー実績

和歌山県・三重県の顧問先の精肉チェーン店様では30年間に500回以上の社内会議
・研修・セミナーを実施、
その他和歌山商工会議所様、福井県鯖江商工会議所青年部様、日本青年会議所様
一部上場メガバンク様、東北・北関東大手
フランチャイズ加盟店様、
和歌山県内ローカルスーパー様、和歌山県内小売業様、

各地税理士事務所様、自治体団体様など多数

※講演セミナー実績について詳しくは→ http://maezawa-plan.jp?p=384

 

●お気軽にお問い合わせください → マエザワプラン 前沢しんじ

・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでもOK maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPからのお問い合わせは http://maezawa-plan.jp?p=69
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36