丸もうけ??

これでコロナを乗り切ってほしい!

『新しい利益』を創るロス退治術

売上げ・利益創出アドバイザー  前沢しんじ
            2021/6/27(通算808号)

 

 

『荒利益が15%も上がった!』

 

●荒利が15%増えるって
想像できますか?

1億の売り上げで
これまで荒利率20%として
荒利の額が2000万。

それが1500万上がって
3500万の荒利となる。

赤字店が超優秀店舗に
生まれ変わるのです。

それも、
あらたな設備投資や、
人員増強など一切不要でです。

現状の経営環境下で、
考え方をかえて
行動を「こまめ」に
するだけです。

だから増えた荒利は
そのまま純利になる。

これはいわゆる
「理論」ではありません。

前沢は理論家ではなく
現場の実践家です。

実際に行った
「ロス退治術」という
新しい利益を創る方法です。

そのレポートは
雑誌「月間商業界」に
8ページの特集として掲載され
反響をよびました。

 
■■■■■■■■■■■■
「こまめ作戦」は、
「ロス退治術」の
大きな柱のひとつです
■■■■■■■■■■■■

■前回は

★こまめな商品管理    

★こまめな商品づくり

★商品構成の見直し

★新商品こそがお店を救う

★こまめ精神でムダをなくす

を説明しましたが、今回はその続き。

↓↓
———————————
★高荒利、
 高回転商品を充実させる
———————————

荒利を向上させるには、
荒利益率の高い商品の
構成比を上げる。

または高回転の商品を売り込んで
荒利の額を稼ぐ。

立地や客層に応じて、
付加価値をいかに付けるかを考える!

 

 

———————————
★人時効率を見直して
 働き効果を上げる
———————————

パート、アルバイトの
時間当たりの作業量を調べて分析し、
繁忙期と平常時の勤務シフトを
組みなおす。

スタッフの空いた手や
アイドルタイムをいかに活用するか!

 

 

———————————
★外商や通販、サテライト部門で
 外貨獲得
———————————

外商部門新設で業務用ニーズを開拓。
郵便局の全国通販では、
単品販売で7700個!という
日本記録を立てた。

またサテライト形式の委託店舗を
数店開拓して
店舗プラスαの売上げを稼ぐ!

 

 

———————————
★こまめな会議で
 みんなの意志を統一
———————————

店の命運を握るのは
実は従業員の意志の力といっても
過言ではない。

密なコミュニケーションを取るには、
こまめに会議・ミーティングを開いて、
意志の疎通を欠かないようにすること。

 

 

 

———————————–
★ロス退治とあわせて「攻め」の販促
【自家製チラシ編】
———————————–

守るだけでは売上げは伸びない。
売り上げが伸びなければ成長しない。

攻めが肝心。

このケースでは
年間売り上げの4%を上限に
自家製チラシを毎週折り込み、
一気に売上げを伸ばした。

 

 

 

———————————–
★ロス退治とあわせて「攻め」の販促
【販促キャンペーン編】
———————————–

堅い成長をしていくためには、
これがうちのウリだ!という
「主力商品」を持たなければならない。

その「主力商品」を創って育てる
方法として【販促キャンペーン】
という手法を徹底した!

 

 
■■■■■■■■■■■■■■■
その他、ロス退治の実績は・・
■■■■■■■■■■■■■■■

↓↓↓

・狂牛病風評被害で
売上げ昨対60%まで落ちたが、
ロス退治術を含む活性化策で
100%まで回復。

 

・イオン大型店出店影響で
売上げ昨対65%まで落ちたが、
ロス退治術を含む活性化策で
100%まで回復。

 

・15年間連続昨対割れの
ミニスーパーが、
ロス退治術で数カ月で下げ止まり
(金融機関より依頼案件)。

 

・1%ロス削減運動を
全社員キャンペーンで行い
当時年商17億で少なくとも
1%以上(1700万)の純利益確保。

 

・年商1億5000万のお店で
ロス退治をあらゆる部門で積み重ね、
当初25%の荒利が、数年で40%まで
急伸。2250万の新しい荒利を確保。
※今回の記事

 

・万年赤字の食品専門店が
ロス退治術を含む活性化策で、
年商7000万が10年で
1億6000万以上へと2.3倍に。

 
■■■■■■■■■■■■■■
売上げ減でも利益を創れる方法
■■■■■■■■■■■■■■

こんな『新しい利益』創りの方法が
これまであっただろうか?

1.従業員が全員参加するイベント形式
 の利益創り

2.費用がかからない

3.現状の経営環境下ですぐ始められる

4.売上げ減でも利益を創れる

5.従業員にやる気を起こさせ、
 あたらしい人材発掘につながる

6.1人会社・お店から中小企業までの
 全業種に使える

7.実際に行った成功例が豊富

 

———————————-
これでコロナを乗り切ってほしい!
ロス退治術マニュアルブック
http://maezawa-plan.jp?p=30

ロスの種類や、全従業員を使った
進め方をくわしく説明しています。
———————————-
●「ロス退治」といえば、
ロスをなくするための
経費削減とかを
思い浮かべられるかもですが、

前沢のお伝えしている
ロス退治術とは、

新しい利益を生みだすために
従業員全員が参加して
自分の部門、作業などの
改善点を探しだし、
それをみんなで解決していく、

そのための「全社運動」の
ことなのです。

 

詳しくは
↓↓
ロス退治術マニュアルブック
http://maezawa-plan.jp?p=30

ロスの種類や、全従業員を使った
進め方をくわしく説明しています。

 

———————————-
※重要!
主として小売業を例にとっていますが、
どの業界においても原理は同じことで
す。ご自身の業界を念頭においてお読
み下さい。
———————————-

 

 

ロス退治の実績

前沢しんじが提唱するロス退治術は、あらゆるロス
「全従業員」の力を活用して見つけ出して退治すると
いうやりかたです。顧問先のある企業では、従業員が
自ら566件!にものぼるロスを見つけ出しました。

ロス実例集


●ちなみに前沢のクライアントである、精肉チェーン店
のあるお店の例では・・・


1%ロス削減運動を全社員キャンペーンで行いました。

従業員全員に向けたカンタンな手引書を作り、ロス退治
事務局を社内に設置し、部門会議、本部会議、全体会議
を何回も行い、全員がアイデアを出すことで全員参加の
形を作り、社長が陣頭指揮して実施した結果、当時年商
17億で少なくとも1%以上(1700万)の純利益がカウン
トされました。

ロス対策テキスト悪魔イラスト

また年商1億5000万のお店でロス退治をあらゆる部門で
積み重ね、仕入れや商品開発まで広げた結果、当初25%
の荒利が、数年で40%まで急伸したのです!
たとえば商品管理にすごく気を使うようになりました。
その結果格下げ(値下げ)する商品が少なくなり荒利益
が大幅に上がりました。
年商1億5000万で15%の荒利アップですから、2250万
がそのまま荒利に上乗せされたのです。


このように、全社員がひとつになって取り組むとすごい

力が出るのです。赤字体質のお店が一気に超優秀店に変
わるのです。

 

※ロス退治術説明ページはこちら
http://maezawa-plan.jp?p=30

 

 

─────────────────
●お問合せ、お申込みは
─────────────────
マエザワプラン 前沢しんじ
・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メール⇒ maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HP⇒ http://maezawa-plan.jp/
・和歌山県新宮市在住

 

─────────────────
 ●前沢しんじのプロフィールはこちら
─────────────────
http://maezawa-plan.jp?p=42
─────────────────
 ●前沢しんじの著書はこちら
─────────────────
http://maezawa-plan.jp?p=40