ステーキを1日で500万売った方法・その2

こうして売上げを伸ばした!100のアイデア

 

第682号・2018/4/23   ≪社長の相談相手≫前沢しんじ

 

「こうして売上げを伸ばした!100のアイデア」

第17回目は、

 

●ここまでのバックナンバーはこちらにあります

(ブログ)https://ameblo.jp/maezawashinji/

(メルマガ)http://www.mag2.com/m/0001196710.html 

 

 

●今回は・・

 

≪ステーキを1日で500万売った方法・その2≫

↓↓↓

≪ステーキ販促キャンペーンの企画の立て方≫

 

 

●買わせるには「動機づけ」が必要

 

前回紹介した、あるお肉屋さんの「ステーキ販促キャンペ

ーン」。

 

そのお店は、年商3億に迫る繁盛店で、売上げの50%以上が

焼肉関連というお店。

 

昔ながらの精肉店とは違って品ぞろえはスライスでなく、

焼肉バーベキュー時代に合わせて焼肉が中心でした。

しかし焼肉に特化しながらも、経営戦略としては「次の主

力商品」を育てていかなければなりません。

 

そこで、「ステーキ」に白羽の矢を立てました。ただ、ス

テーキは贅沢品のイメージがあって、ふだんの食卓に乗せ

ようと思うとなんらかの動機づけが必要です。

 

そこでその動機づけを「父の日」に設定しました。

「父の日」ならゼイタクが許される

「父の日」にステーキならお父さんが喜ぶ

「父の日」なら味のわかるお父さんの脳裏に残り、今後の
 購買が期待できる

「父の日」なら「父の日にステーキ」と打ち出しやすい

「父の日」ならお父さんはじめ、家族全員が食べるという、
 まとめ買いも期待できる

 

 

以上がステーキを売り込むために「父の日」をきっかけに

した、つまりステーキを買う「動機づけ」にした理由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

●企画を立てる場合、柱になるのが「動機づけ」

 

何を売り込むにしても「なぜそれを売り込むのか」という

理由がハッキリしているとお客様に伝わりやすいのです。

逆に言えばいきなり「ステーキ祭り」とやってもそれを買

う動機になりにくいということです。

 

「○〇〇〇」だから「ステーキ」を買おう!という理由付

けを明確にすることが売り込み成功の大きなポイントです。

何かを売り込みたい時は、それを売り込むための

「動機づけ=キッカケ」をしっかり設定することです。

 

誤解を恐れずにいえば、なんでもいいのです。お客さまが

「おっ?!」っと思ってくれればいい。

 

ありきたりですがたとえば「開店○周年記念」でもいいし、

年間の歳時記のなかの何かでもいい。

「母の日」「子供の日」「敬老の日」「お盆」「お正月」

などのテーマを柱に、「だからこれを売ります!」と。

 

 

●一例をあげましょう。

 

 

「この時期、この季節だから」という要因から考えてみます。

 

 

例えば・・・

 

 

◆今月はこういう歳時があるので

→ 四季折々の祭事や儀式。お正月、節分、ひなまつり、

お盆、お彼岸、など

 

◆今月はこういう行事があるので

→ 恒例の催しごと。成人の日、文化の日、子供の日、母

の日、父の日など

 

◆今月はこういう催事があるので

→ バレンタインデー、ゴールデンウィーク、運動会、旅

行シーズンなど

 

◆今月はこういう生活様式があるので

→ 桜花見、衣替え、レジャーシーズン、秋の味覚、新年

度など

 

◆今月はこういう気候、生活環境なので

→ 四季、温度、湿度、世相など。たとえば・・・

・防寒対策として ・受験対策として ・花粉対策として 
     
・新生活対策として ・紫外線対策として

・GW渋滞対策として ・雨や、ジメジメ対策として

・食中毒対策として ・酷暑対策として 

・夏バテ対策として ・台風対策として

・風邪をはじめ、冬の健康対策として

 

 

あるいは非常に個人的なものでもいい。

たとえば「店主還暦記念」とか「跡継ぎ誕生記念」とか

「従業員10名突破記念」とかでもいいでしょう。

 

 

「おっ、なんかおもしろいな」とお客様に思ってもらえ

れば、まず第一段階突破です。

 

 

以上、なにかの販促キャンペーンをする場合は、その「動

機づけ」から考えることが大事ということを、まずお伝え

したい。

 

 

 

 

●キャンぺーンの結果

 

結果的に「父の日ステーキ販促キャンペーン」は、やり始

めたときから反応がよく、従来の2倍以上の売上げになりま

した。

 

年々右肩上がりで、最盛期にはチェーン店全店で(当時は

5店舗)、父の日前日の日商が500万円を超えました。

その約半分がステーキの売上げでした。

 

これを売る!と商品を絞って、

テーマ付けをきっちりやって、

販促ツールを充実して、

予告からばんばん攻めれば(予告こそ特段に大事です)、

結果は出ます。

 

 

 

●大事なことは「選択と集中と徹底」

 

上で書いているように、お客様に他店を差し置いて我が店

に来てもらおうと思ったら、「うちの得意商品はこれです」

と積極的に打ち出さなければなりません。

 

「なんでもあります」というお店より「うちはこれが得意」

というお店でないと生き残れません。

だからまず「これを売り込むのだ!」という商品を決める

ことです。

 

 

決めたらあとは「売り込む」だけです。

 

 

実はこの「何を売り込むかを決める」という作業こそが、

成長の第一第一段階です。決めたらその商品を充実しなけ

ればならない。その商品について研究・勉強しなければな

らない。みんなで情報共有しなければならない。

 

 

決めたら動き始めるのです。

活性化がスタートするのです。

そこからすべての成長が始まります。

まずは決めることからです。

 

 

 

—————————————————-
※今回ここまで。

→ 次回は「ステーキ販促キャンペーン」の販促ツール
  の具体例を説明します。
—————————————————-

 

 

そして、「これを売り込む!」と決めて

売り込む方法が「販促キャンペーン」です。

 

 

 

詳しくはコチラ

◎決め方から、売り込み方まで詳しくお教えしています

↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●上の例のような

売り込んでこそ初めて売れる『販促キャンペーン』

 これを売るんだ!と決めて一気に売り込む方法を
 お教えします。
 
  →売り込みマニュアル販売しています
    http://maezawa-plan.jp?p=32

  →セミナー出張講師承ります 
    http://maezawa-plan.jp?p=259

  →コンサルティング(出張またはネット上で)
    http://maezawa-plan.jp?p=28

 

・前沢は販促キャンペーンの専門家で著書もあります
 「販促キャンペーン実践法」(同文館出版) 

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495596314

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   【イキイキ経営をお手伝いします】
 マエザワプランの経営活性化支援サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

おカネのかからない販促法。でっかいPOPが
 自分で書ける!『筆で書く大きなPOP広告』

 よく目立つ、でっかいPOPを自分で書く方法
 をお教えします。
 
  →個別指導いたします
    http://maezawa-plan.jp?p=1065

  →セミナー出張講師承ります 
    http://maezawa-plan.jp?p=1065

  →制作受注承ります 
   http://maezawa-plan.jp?p=1237

 
———————————————
組織活性化のための『社内報のつくり方』

 外注せずに自分たちで手作りできる社内報の企
 画・制作法をお教えします。
 
  →セミナー出張講師承ります 
   http://maezawa-plan.jp?p=995
 
  →コンサルティング(出張またはネット上で)
   http://maezawa-plan.jp?p=995
———————————————
社長が自分の伝えたいことを手書きする
『社長レターのつくり方』

 社長が作る1枚ものミニ社内報の企画・制作法を
 お教えします。
 
  →作りかたマニュアル販売しています
   http://maezawa-plan.jp?p=1113

  →セミナー出張講師承ります 
   http://maezawa-plan.jp?p=1113

  →コンサルティング(出張またはネット上で)
   http://maezawa-plan.jp?p=979
———————————————
経費をかけずに利益を生みだす『ロス退治術』

従業員全員で力をあわせて新しい利益を創りだ
す方法をお教えします。

→ガイドマニュアル販売しています
http://maezawa-plan.jp?p=30

→セミナー出張講師承ります
http://maezawa-plan.jp?p=221

→コンサルティング(出張またはネット上で)
http://maezawa-plan.jp?p=28
———————————————

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お気軽にお問い合わせください
 → マエザワプラン 前沢しんじ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでどうぞ maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36