母子詩情

    ●人生を変えるキッカケコトバ●

  前沢しんじ 2021年2月19日(金) 〔第1431号〕

 

 

『母子詩情』  

 

 

●ここ数日、列島は寒波に覆われて、

僕の住む南紀州でも、雪がちらつく。

市街地では積もることはないが、

次女の住む山間部では銀世界に

変わることもある。

 

そーだった。

1月15日に「昭和の子」という

テーマで書いた次女の住むところ。

 

あの時は、その長男が朝一面に

霜が降りた銀世界を登校する風景が、

まるで僕の小さいころの

昭和の時代の風景に見えたのだった。

 

 

●次女にはふたりの息子がいる。

今回書くのは次男坊のこと。

 

母の小さい頃に似て

次男坊はよく熱を出す。

風邪をひくと39度以上の高熱が

あたりまえのように出る。

その日も9度5分まで上がって

幼稚園を休み、小児科へ行った帰り

我が家へ立ち寄ったのだった。

子供とは不思議なもので、

熱冷ましをのんだらすぐ元気になる。

 

最近趣味の将棋を(渋い)

妻(祖母)と2局指して、

お菓子を食って帰っていった。

 

あくる日は幼稚園の

何やらのイベントで

どうしても行きたかったらしい。

 

しかし当日の朝、

7度5分という微妙な熱で

どうするか母が迷ったのち、

やはり休むことにしたらしい。

そんなラインがきたので、

「なんか違う楽しみで埋め合わせ

 したってくれよ」と返信したら、

 

「すごくめんどくさいけど、

 本気でお店やさんごっこをするよ」と。

どうやら次男が行きたがっていた

理由はそういうイベントが

あったかららしい。

 

●2時間くらいあとに画像が送られてきた。

本物と見まごうばかりの、

紙で作った、ハンバーガーショップの

さまざまな商品が並べられていた。

 

その中に場違いな肉まんがあった。

「えー、これも紙製か?」と

返信したら、

「あー、これは昼めし」と。

 

どうやら模擬ハンバーガーショップで

豚まん!を食いながら遊んだという。

 

 

 

●外は雪。

家の中で遊ぶ母子。

 

 

 

●僕の脳裏に、その母子のシーンが

鮮やかに映し出されてきた。

 

やがて成長してそんな風景は

忘れ去られるのだろうが、

将来、ある雪の日に、

次男坊の胸に、

ふとその時のことが。

 

そういえば母さんと。

風邪を引いて休んだ日、

ハンバーガーを紙で

つくったよなあ。

 

そうだ。雪の日だったよ・・・

 

ムサシは

そんなことを思うだろうか。

 

僕はすかさず返信した。

「Kちゃんよ、この時代は宝物やで。

 きっとムサシの原風景のひとつとして

 かけがえのない思い出になる。

 今を楽しめよ」。

 

 

一時間ほどしてラインが来た。

「あー、大量のごみを処分したよ!」

 

なんじゃーい!

せっかくの詩情あふれるシーンが、

ゴミ箱行きかー!

 

ま、うちらしいといえば

うちらしい。

 

でも、

いい時を過ごしたことは間違いない。

 

それだけでいい。

 

 

 

 

 

 

————————————–
●前沢しんじのプロフィールはこちら
————————————–
http://maezawa-plan.jp?p=42
————————————–
●前沢しんじの著書はこちら
————————————–
http://maezawa-plan.jp?p=40
————————————–
●執筆・講演・相談などのお問合せは
 マエザワプラン 前沢しんじ まで 
————————————–
・電話 080-1527-4080
・メール maezawa@zb.ztv.ne.jp
・HP http://maezawa-plan.jp/
・和歌山県新宮市在住