勝ちに不思議の勝ちあり

    ●人生を変えるキッカケコトバ●

  前沢しんじ 2017年7月7日(金) 〔第1234号〕

 

『勝ちに不思議の勝ちあり』  

 

●野球評論家の野村さんが言っていた言葉。

 

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

 

どうして勝てたんだろう、どうしてうまくいったんだ

ろうというまぐれ的な勝ちはあるが、負ける場合、う

まくいかない場合はしっかり原因がある。

 

「負けるべくして負ける」ということらしい。

 

 

●努力や練習が足りないということなら修正は簡単だ。

もっと増やせばいいし濃くすればいい。やっかいなの

は「考え方、やりかたが間違っている」場合だ。

 
それはなかなか努力でカバーできることではない。

そこで人は本を読んだり、人にアドバイスをもらった

りする。でもそこでもそれは「他人が考えたり、やっ

たこと」で、そのまま自分に当てはまるかというとそ

うではない。

 
つまり自分の体を使って、失敗して、修正して、失敗

して、また修正して、すこしずつ進むことだろう。

もちろん今の失敗は、最終的に「してよかった」こと

になる。ひとは失敗から多くを学ぶ。それは歴史も証

明している。

 

「失敗は成功のマザー」長嶋茂雄

 
まっそれだけのことなんですが。

みなさま、よき週末をお過ごしください。

 

 

(追記)

うまくいく人はその方法を本能的にわかっているんだ

ろうねぇ。色々な経営者を見ているとそう実感する。
  

■人生を変えるキッカケコトバ《バラエティ人生論》
ご登録は http://www.mag2.com/m/0001127175.html