あるとき、急に局面が開ける

    ●人生を変えるキッカケコトバ●

  前沢しんじ 2018年6月1日(金) 〔第1281号〕

 

『あるとき、急に局面が開ける』  

 

●ジャニーズの山ピーこと山下智久くん。

 

彼は英会話を独学で勉強して、いまや流暢に話し、英

語の教育番組にも出演しているそうです。

その彼が英会話の上達方法について語っていました。

それは、読み書きよりも、生で使える喋れる英会話を

ネイティブスピーカーと仲良くなることで直接学ぶこ

とらしい。

 

もともと赤ん坊が英語を覚えていく場合を考えても、

書いて読んで身につけるわけでなく、お母さんがしゃ

べる言葉だけを通じて身に付けていくもので、最近の

英会話学習で言われる「聞いて学ぶ」方法は理にかな

っていますよね。

ただ、僕が注目したのはその点ではなく、彼が言った

次の言葉です。

 

 ≪英会話の勉強を毎日欠かさず続けていると、

  ある時急に話せるようになるんです。

  ギターを練習したときも、続けていたらある日

  急に弾けるようになりました≫

 

 

 

●それまで積み上げてきたものが、ある瞬間、急にで

きるようになる。

 

この点、まったく分かります。積み上げてきたことが

「臨界点」を迎えると急に視界が開けるということ。

卑近な例ですが僕自身も若い頃英会話に興味があって、

オーストラリア人に習ったり、学習用CDを買ったり

してそれなりに(あんまり熱心ではなかったけど)勉

強したんですが、たしかにある日、急に「なんだかし

ゃべれるぞ」と。もちろん日常の簡単な会話ですが。

不思議なことにあるとき電話を取ったら(間違い電話

だったのですが)アメリカの若い女性でした。

 

なんだか理解できて、誰かを探しているとのことだっ

たので友人のカナダ人の電話番号を紹介してたことが

ありますが、たまたま取引先の人が来ていて、その一

部始終を見て、

 

「へー、マエザワさん英語しゃべれるんやー」と感心

されたことがあります。

 

ギターも中学生の頃からちょこちょこ練習していて、

あるとき急にコード展開が分かるようになりました。

それ以来、複雑なものは楽譜を見ますが普通の曲なら

わかります。音階が変わってもそれぞれの展開がわか

ります。

 

 

不思議。

 

 

毎日続けてコツコツと(それほど熱心にというわけで

はなくとも)やってきたことが、あるとき一気に・・・

これってけっこう「魔法」じゃない?

 

でも、自分自身でやってきた経験から、「毎日コツコ

ツと積み上げてきたものはいつか必ず開花する」と言

えます。

 

 

ただ、それが、いつなのか・・・

わかりませんケド・・

それがわかれば世話はないが、

それがわかってしまうと面白くない。

 

 

ま、でも、何かをやり始めて、続けてみると、

きっといいことありますよ。

 

 

●さらに補足。

 

高校のころ国語の先生が言いました。

 ≪お前たち、なにかの専門家になろうと思ったら

  その分野の本を100冊読め≫

 

 

著名な経営コンサルタントのドラッカーさんだったか

(?)も言っています。

 

 ≪あることを1万時間続けたら専門家です≫

 

そういうことらしい。

 

 

 

 

■人生を変えるキッカケコトバ《バラエティ人生論》
ご登録は http://www.mag2.com/m/0001127175.html