効果の高い販促手法

「くら寿司」のくらコーポレーションが3月3日に発表した
2017年10月期第1四半期決算は、売上高301億9300万円(前年同期比7.3%増)、
経常利益19億3000万円(3.9%減)となった。

2016年11月に「極上とろとかにフェア」、
12月には「極上かにフェア」を、
2017年1月に「極上ふぐフェア」、「熟成まぐろフェア」をそれぞれ開催した。

フェアに合わせてビッくらポンで子どもに大人気の
「妖怪ウォッチ」、「ワンピース」グッズが当たるキャンペーンを実施して好評だった。

通期では売上高1190億500万円、経常利益69億円の見通し。

「流通ニュース」から引用  https://ryutsuu.biz/strategy/j030912.html

 

(ここまで引用)

 

上の、くら寿司のように、

・これを売る!と決めた商品を
・期間を決めて、
・キャッチを決めて、
・販促ツールを総動員して
・売り場を演出・活性化して
・みんなの気もちをひとつにして、

集中的に売り込むことは、

自店の独自性を上げて、
他店を差別化し、
シェアを広げて、
地域一番店への成長するための大きな力になります。


そのやりかたが「販促キャンペーン」です。

私の30年の販促仕事の中で最も効果の高い販促手法です。

 

●「販促キャンペーン」については
★書籍 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495596314 
★セミナー講師承ります http://maezawa-plan.jp?p=259 
★マニュアル http://maezawa-plan.jp?p=32 

 

 

★★【販促・活性化にはこんな方法もあります】

●でっかいPOPが自分で書ける!【筆で書く大きなPOP広告】
 http://maezawa-plan.jp?p=1065 

●これで組織の風通しがよくなる!【自分たちで手づくりできるページ型社内報】
 http://maezawa-plan.jp?p=995 

●社長が自分の伝えたいことを手書きする【1枚ものミニ社内報・社長レター】 
    http://maezawa-plan.jp?p=979 

●おカネを一切かけずに利益を生みだす方法【ロス退治術】
セミナー講師承ります http://maezawa-plan.jp?p=221 
マニュアル  http://maezawa-plan.jp?p=30 

 

 

「4・お客様の生の声を聞く」シリーズ

(その7)モニター会議 

1・何人かのお客様に集まっていただいてご意見を聞きます。
(お店の主な客層から各年代を選びます)
モニターさん募集のチラシをつくります。
内容は日時、場所、お話を伺いたい内容を簡単に、謝礼など。

2・時間は2時間程度。

3・自社メンバーは、(社長)、店長、今回のお客様担当(販促他)。

4・あらかじめ、こんなことを聞きたいということを決めておきます。

5・司会進行は、今回のお客様担当が行い記録もとります。
録音する場合は「今回の記録にのみ使用する」ことを説明する。

6・会議が終わったら、担当は、取りまとめ・報告書を作り、
それをもとに会議を行う。会議には(社長)、店長、担当、社内の関係者を招集する。
会議ではモニター会議の結果、出てきた問題点を話し合い、議決し、その展開を決める。

商品面、販売面、サービス面など、モニターの声はお客様全体の声でもあります。
一人の意見の後ろには100人ものモノ言わない人がいるのです。
商品面や、販売促進はもとより、店舗運営やその他に至るまで改善点を明らかにし
次につなげていきましょう。

7・会議後、お客様から頂いた意見に対して「当店はこのように取り組みます」という
広報活動を、チラシ、POPなどで行う。

 

 

(その8)その他のナマノ声を聞く方法

「キキダスマーケティング」を提唱しておられる中山マコトさんのホームページは、
お客様の声を販促に生かす、すぐれた方法を紹介しています。
検索してごらんください。