競合に勝つ

★★【競合に勝つ】


●ポテトチップスの老舗メーカー湖池屋が発売した

『コイケヤプライドポテト』がバカ売れしているそうな。

他社ポテチとの差別化を狙った商品開発が奏功したようです。

スナック菓子業界にはカルビーという巨人がポテチ市場シェアの約7割を握っていて、
さらに近年はコンビニ向けにPB商品を開発するなどますます勢力を伸ばしている。

一方湖池屋は2012年から2年連続で赤字に陥るなど苦しい経営を強いられ、
古い組織体制や商品群の抜本的な見直しを迫られてきた。(経済誌記者)

そういう状況下、上位メーカーを追う立場で生み出した新商品
『コイケヤプライドポテト』の開発コンセプトは「消費者目線」と「サプライズ」だ。

常識にとらわれない切り口で新作ポテチを世に送り出しバカ売れしている。


(以上ネットニュースより要略引用)


●同業で規模の大きい競合がある場合、真正面からの全面戦争は試合になりません。

極地戦、ゲリラ戦的な戦いに勝機を見出すことが一番理にかなっています。
マーケティング理論以前に誰が考えてもわかることです。

そこでどうするかっちゅうと、「自分の得意ワザをのばす」ことです。

相手の得意技も同じ(ポテチのように)場合は、
さらにその中でも「これなら負けん」というところまで細分化して絞る。
どの客層をどう攻めるか、どのように攻めるかを企画し、
さらに「打ち出し方」を考える。

切り口やネーミングやキャッチやデザインや宣伝戦略などをそこに集中して企画する。
あわせて社内を盛り上げてみんなの気もちをひとつにする。

 

 

●そのやり方が「販促キャンペーン」です。

私が30年以上販促をやってきて、いちばん効果のある戦法だと自信を持って言えます。
年商3億弱の精肉店(じゅうぶん繁盛店ですが)が、
年商100億の巨大スーパーと戦ったときもこの戦法で負けませんでした。

 

◆前沢しんじは、「販促キャンペーン」の専門家です。

そのための本も出版しています。
★「販促キャンペーン実践法」(同文館出版)
「販促キャンペーン」とは、当店ならではの商品やサービスを、
色々な販促ツールを使って、総合的に一気に売り込む方法です。
地域一番の商品をひとつずつ作って地域一番店を目指す方法です。
その具体的なやり方を書いています。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495596314

★「販促キャンペーンのやりかたセミナー講師承ります
http://maezawa-plan.jp?p=259

★「販促キャンペーンのやりかたマニュアルも販売しています
http://maezawa-plan.jp?p=32

ごらんくださいね!

 


★★【ニュース】

社長と従業員を結ぶコミュニケーションツール
社長が自分の伝えたいことを直接手書きするミニ社内報社長レター】のつくりかた
 ⇒実習セミナー講師を承ります
 ⇒コンサルティングを承ります
 ⇒ガイドマニュアルを販売します(3月予定)
※詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=979 

 

●お気軽にお問い合わせください
 → マエザワプラン 前沢しんじ
・お電話でどうぞ 080-1527-4080
・メールでどうぞ mailto:maezawa@zb.ztv.ne.jp
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36