売上げを伸ばす方法

2017/2/18(第603号)

★★【販促エッセイ】

ジャパネットたかたの創業者、高田明氏のお話です。

若手が企画した「チャレンジデー」は
ひとつだけの商品を丸1日徹底的に紹介する販促。

告知のためのテレビ、ラジオ、カタログ、チラシ、新聞広告、
インターネットまで。社内全部署の協力が必要でまさに大イベント。

若い社員たちの発案の企画で全社が結束した。
・彼らが選んだ商品はダイキンのエアコン。
・実施日は7月13日と決まった。
・予想をはるかに超える注文の電話が鳴り止まない状況が続き大成功。
・若手が企画し私が反対した企画が大当たり。

・以後、マッサージチェアや電子辞書、ダイソンのクリーナーなど、
業界の常識を覆すような実績を積み重ねている。

これなんです。売り込めば売れるんです。
商品を決めて「売り込む」。
それがまさに「販促キャンペーン」。

●これを売りたいという商品を決める
●あらゆる販促ツールを総動員して
●売り場を演出して
●みんなの気もちをひとつに高めて
●一気に打ち出す

これが「販促キャンペーン」です。

やってみませんか?
わざわざ新商品を創らなくても今ある商品をもういちど洗いなおしてみる。
「よし、これを売り込んでいこう」と決める。

そんな方法があります。それが「販促キャンペーン」。
小売業でもサービス業でもやることは同じです。

前沢しんじは「販促キャンペーン」の専門家です。

 

・・・詳しくは・・・・
★マニュアルは http://maezawa-plan.jp?p=32
★セミナーは http://maezawa-plan.jp?p=259
★コンサルティングは http://maezawa-plan.jp?p=724
★書籍は「販促キャンペーン実践法」(同文館出版) http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495596314
★ホームページは  http://maezawa-plan.jp/

 

★★【ニュース】

●社長レターのひな型が約50本完成しました!
自分で言うのもおこがましいですが「めっちゃ素晴らしい」です。
これなら「うちも社長レターをだしてみよう」と絶対思います。
マニュアル化して、もうじき公開!3月発売予定です。

社長と従業員を結ぶコミュニケーションツール
社長が自分の伝えたいことを直接手書きするミニ社内報


【社長レター】

●社長レターにはこんな利点が!
①社長が自分で書いてすぐ発行できる素早さ
②経費はコピー代だけ
③手書きはあたたかく親しみを生みます
④情報共有と組織活性化がすぐスタートできます
⑤問題意識、危機意識などが共有されて全員が同じ方向を目指すことにつながります

●社長レターのつくりかたをお教えします 
⇒実習セミナー講師を承ります
⇒コンサルティングを承ります
⇒ガイドマニュアルを販売します3月発売予定です
※詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=979