売上げを伸ばす方法

2017/2/15 (第602号) 

★★【販促エッセイ】

2月12日、スーパーの「バロー松阪店」に行きました。
バローは一番好きなスーパーで、わざわざ車で2時間かけて行くくらいです。
(和歌山県にはバローがないので)
普段は伊勢店に行きますが、その日は都合で松坂店へ行ったんです。
この店はとてもきれいですが活気がない。何回か行ってますがいつでもおとなしい感じです。
当日はイオン系の「ザ・ビッグエクスプレス松阪店」が大賑わいでした。
競合もあるでしょうが、お店に積極的な「売るぞ!」という姿勢が見えない。

妻が子供たちにバレンタインチョコを買っていこうとして売り場をさがしたのですが、
ない!
明後日はあのバレンタインなのに、売り場が・・ない!

おいおいおいおい・・・

さがしました。そもそもこの時期にその売り場を探さなくちゃならないなんて。
あったよ、エンドに2段のみ。
それもメーカーの定番を並べただけ。
POPは本部支給のもの1枚のみ・・

きょうび、高齢者でもチョコを送る時代ですよ。
そんな書き入れ時に売り場を探さなければならないなんてね。
びっくりした。
ここなんですよねぇ。
「売り込まないと売れない」んです。
「売り込めば売れる」んです。

●せっかくの売れる時期に
●売れるべき商品を
●あらゆる販促ツールを総動員して
●売り場を演出して
●みんなの気もちをひとつに高めて
●一気に打ち出す

これが「販促キャンペーン」です。
スーパーの得意な戦法なのに、バロー松坂店ちゃん、頼むでほんま。
たぶん伊勢店では派手にしっかりやっていたことでしょうが。

なんせワタクシ「販促キャンペーン」の専門家なので
「売り込み」が気になってしまう。

★書籍は「販促キャンペーン実践法」(同文館出版)
「販促キャンペーン」とは、当店ならではの商品やサービスを、
色々な販促ツールを使って、総合的に、一気に売り込む方法です。
地域一番の商品をひとつずつ作って地域一番店を目指す方法です。
その具体的なやり方を書いています。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495596314

★セミナーは http://maezawa-plan.jp?p=259

★マニュアルは http://maezawa-plan.jp?p=32

 


★★【ニュース】

社長と従業員を結ぶコミュニケーションツール。
社長が自分の伝えたいことを直接手書きするミニ社内報
【社長レター】

●社長レターにはこんな利点が!
①社長が自分で書いてすぐ発行できる素早さ
②経費はコピー代だけ
③手書きはあたたかく親しみを生みます
④情報共有と組織活性化がすぐスタートできます
⑤問題意識、危機意識などが共有されて全員が同じ方向を目指すことにつながります

●社長レターのつくりかたをお教えします
⇒実習セミナー講師を承ります
⇒コンサルティングを承ります
⇒ガイドマニュアルを販売します(3月発売予定) 

※詳しくは http://maezawa-plan.jp?p=979 
★ただいま社長レターのひな型を制作中です。
自分で言うのもおこがましいですが「めっちゃ素晴らしい」です。
これなら「うちも社長レターをだしてみよう」と絶対思いますよ!
3月発売します。