情報を共有してみんなを同じ方向に導く方法『組織がイキイキする会議術』セミナー講師を承ります

★商工会議所様、商工会様、青年部様、企業様、団体様などでの出張セミナー講師、
 また社内教育セミナーなど講師のご用命を承ります

JQ137_72A
人が二人以上いれば(夫婦でも)組織です。
組織を動かすには情報の共有と意志の統一が必須で、
その手段として会議が非常に大事な役目を果たします。

会議は経営の潤滑油として問題解決や成長戦略に欠かせません。
顔を突き合わせて真剣に問題点や経営課題を話し合う。情報を共有する。
危機感を、楽しみを共にする。

いい会議は従業員にとって責任感や問題意識を生みやる気づくりのもとになります。
さまざまな情報を全員で共有し意志を統一するために会議を徹底活用しましょう。

筆者は経営コンサルタントとして、
同一の企業で30年間に500回以上の会議を企画実施してきました。

部門長会議を中心にしながら、部門会議、全体会議、戦略会議、危機対策会議、
商品開発会議、店舗開発会議、教育会議、女性会議など、
会議を使って従業員の意志統一を継続的に行い、
30年間成長のお手伝いをしてきました。

 

その経験を踏まえて具体的な事例をあげつつ
会議のアイデアについてお話しさせていただきます。
これらのアイデアはすべて前沢しんじが顧問先で実施して効果があったものばかりです。

 

■セミナーの内容

(1)会議のありかた

●会議のかたちについて

「フォーマル」な会議
経営会議、戦略会議、幹部会議、営業会議、商品会議など、
形式の決まった、一般的に行われている会議。

「インフォーマル」な会議
形式ばらずに臨機応変に行います。
現場での立ち話会議、本音の出るオフタイム会議(タバコ会議、飲み会議)、
緊急案件に対処するスクランブル会議など。

 

●会議の種類について

「幹部会議」「部門会議」「ライン会議」「テーマ別会議」「全体会議」「ミーティング」。
その他テーマや機能に応じて、
経営戦略会議、営業会議、販促会議、商品会議、販売会議、店長会議、次長会議、
女性会議、クライシス対策会議など。

 

●なぜ会議をするのか?その目的を明確にします。
・みんな同じことを知る(情報の共有)
・問題点を話し合う(問題解決)
・誰がいつまでに何をするかを決める(検討でなく決議)

 

●必ず守ること
・会議は継続する
・時間厳守・遅刻厳禁・欠席原則禁止
・目的をもって行う
・会議の後出席者各自がかならず「反省」すること。

 

 

(2)会議のアイデア

●ワンポイントテーマ会議
特定のテーマに絞った会議は焦点がハッキリしていて効果があります。
たとえば『荒利改善のための会議』を行って大きな成果を上げました。

●お気軽会議(ミーティング)は効果的
オフタイムとか、フランクな会話こそ本音が出るものです。
会議後のオフレコ会話、立ち話、飲み会、喫茶店での会話など、
そこから真の改善案が出ることも多いのです。

●場所を変えて会議
いつもの会議室から外に出ます。たとえば売り場、現地、事務所などの「現場」では
新鮮な意見が出やすくなります。すべての答えは現場にあります。会議室にはないのです。

●教育会議(講義)
会議は実は最高の教育機関でもあります。
先輩社員が経験談や仕事観、また実際の業務の心構え、技術的なことなどを語る会議です。

●会議を活性化する様々なヒント
・「いつ」「誰が」するかを決めること。でなければ動かない。
・会議は真剣勝負だが非難の仕合ではない。前進するいい方法を見出すため知恵を出し合う。
・会議はスピードが命!スピードのある会議はスピードのある経営につながる。
・会議企画者と会議責任者との間で、会議前会議+会議本番+会議後会議をすると
 密度の濃い会議になる。
・会議責任者はPDCFをしっかり踏まえよ

 

★PDF版のテキスト付きなのでセミナー後も活用できます。

 

■前沢しんじのセミナー受講者様の声の一部です

・先日は素晴らしい講演をありがとうございました。参加者の皆様それぞれ気づきを得たり
 応用方法を考えられていたようで、楽しんで学んでいただけたと思います(主催者様より)

・この度は大変お世話になりました。とても勉強になりました。
 『会議室での会議では親しみのある言葉は使わない』『雑談から生まれるアイディア』
 などそのとおりです。『雑談も会議』という認識を持つことは、アイディアを出す、
 社内の資源を活かすのにとても有効と思いました。活性化に役立てさせていただきます。

・我々サービス業の仕事にすぐ役立つものばかりだった。

・何かをやればかならず何かにつながるという言葉が衝撃だった。その気持ちを再認識した。

・先生のお話を受けて80人が何かしら行動すると80通り以上の実践事例と成果が生まれますね。
 すごい事になりそうです!

・素晴らしい講義でした。大変勉強になりました。

・あれだけの詳細なアドバイス本当にありがとうございます。

・全員を一致できなくてもたった一人でも職場のリーダーをつくれば前進するという
 現実的な話は目からウロコだった。

・先生の仲間10人全員が35年に亘って経営者であり続けているという余禄の話しにはビックリした。

・本当に役に立つお話をありがとうございました!メンバーの事業所がより活性化するよう行動
 していきます。

 

■2016年までの講演・セミナー実績

・和歌山県・三重県の顧問先様では30年間に500回以上の
「売上げ・利益増加策社内セミナー」
を実施しました

・大阪杉野税理士事務所様顧客様向け講演「ロスを減らせばそのまま純利益《ロス退治術》」

・和歌山商工会議所様 消費税増税対策講演「売れる儲かる販促実践法」

・福井県鯖江商工会議所青年部様講演「事業所活性化アイデアベスト10」

・東北・北関東大手フランチャイズ加盟店様講演「ロス退治術」「情報共有の仕組みづくり」

・和歌山県橋本市文化センター様人権講演「おカネはなくてもゆかいな老後」

・和歌山県内ローカルスーパー様従業員教育セミナー
「誰でもできる筆で書く大型POP広告実習」

・和歌山県内小売業様幹部セミナー「0.1%の改善が経営を救う」

・愛知県A会計事務所様「組織がイキイキする会議術」

・大手都市銀行様顧客様向けセミナー「手作り社内報で組織を活性化する」

・日本青年会議所様(神戸)「社長の思いが伝わるミニ社内報【社長レター】」

 

★前沢しんじのセミナーは分かりやすいマニュアル付きですので、
 聞いて終わりでなくセミナー後すぐ活用できます

 

■経営活性化アドバイザー前沢しんじプロフィール

1978年、販促企画事務所を起業。以来顧問先の食品チェーン店などでさまざまな売上げ・
利益増加策を展開し、全店を30年にわたって地域一番店に導いた。

得意分野は利益増加戦略の「ロス退治術」、地域一番店戦略の「販促キャンペーン」、
組織活性化戦略の「会議・社内報活用法」

主な著作
・売れる!儲かる!販促キャンペーン実践法(同文舘出版)
・雑誌「商業界」に特集執筆多数他、メルマガ、ビジネス著作など多数

 

★【講師料金】15万円(約2時間・税込※料金応談)
 ※交通費別(新大阪駅または名古屋駅発着料金)・場合により宿泊費別

 

★ご用命は
地元の商工会議所様や商工会様に「前沢を呼んでほしい」とご依頼してくださるのが
効率的です。また社内セミナーや講師としても独自にお呼びください
(移動時間の関係上ご依頼をお受けできるのは本州内に限らせていただきます)

 

★セミナーのほか、コンサルティングも承っております
(お電話にてお問い合せください 080-1527-4080)

 

★お問い合せ・ご用命はお電話またはメールでどうぞ
マエザワプラン 前沢しんじまで
(電話)080-1527-4080
(メール)maezawa@zb.ztv.ne.jp〒647-0042 
和歌山県新宮市下田1-7-36