手作りできる大型POP広告

201611金融機関提出資料 浮島店改革案pop

 

●販促顧問先の地元のスーパー様では大型のPOP広告が効果を上げています。

大きな紙に筆とマーカーで書いたもので、
だれでもすぐ書けて、費用がかからず効果があります。
書道やデザインの心得など必要ありません。
いくつかの簡単なコツを使えば誰でも書けます。

 

●「筆で描く大きなPOP広告」はこういうものです。
http://maezawa-plan.jp/PDF/hudepop_matome1.pdf 
けっこう大きいでしょ?印刷したポスターや、
POPライターがきれいに書いたものより温かみや迫力がありませんか?
109センチ×79センチの白い模造紙に書くので、大きくてとても目立ちます。

 

●さらに増えています(これでもまだ一部です)
http://maezawa-plan.jp/PDF/hudepop_matome.pdf 

 

●店頭で、店からのさまざまなメッセージを大きく掲示して、
来店客や店の前の道路を通っていく人や車に訴えかけるのです。
 http://maezawa-plan.jp/PDF/hudepop_keijirei1.pdf

 

●大きいPOPは迫力があって訴求力があります。
011持って正

勢いのあるPOP広告にはこちらの意気込みが伝わるのです。
実際にしっかり効果が出ています。
食品スーパー店長さん方の声を紹介しましょう。

「すごいです。POP貼り出しただけでまぐろが売り切れて2回追加注文しました!」
「みかんの地方発送の注文が一気に20箱ありました!」
「サッサと書いて貼り出しただけで干物の詰め合わせがいつもの倍以上売れました」
「節分の恵方巻きが早々と売り切れた。あの大きなPOPはすごいです!」

●コンビニのような懸垂マクを作ろうと思うと費用も時間もかかりますが、
このPOP広告は紙に自分で書けばいいのですぐできて、
ほとんど紙代だけで済むすぐれもの。

●特大POPは、いま特に売り込みたい商品を店頭で大きくアピールする場合に
ピッタリの販促ツールです。
「いま当店では、この商品に、このサービスに力を入れています!」
それを大きく書くのです。

●「うち独自」ということが競争に勝ち抜くための最大の武器ですが、
大型POP広告は自店の独自性作りに非常に効果的なのです。

 

●制作道具はすべて100円均一(ダイソー)のお店で揃います。
・模造紙790×1090の大きさが2枚で100円。
・ポスターカラー赤、黒、黄色、青各色1本100円で計400円。
・太字用習字筆が1本100円×4本程度ほしいので計400円。
・平筆はペンキコーナーの筆売場で3センチ幅を2本200円。
・ついでに赤と黒のマーカー(価格は確認していませんが)

ポスターカラーは水で溶いて使って何枚もかけるし、筆はずっと使えます。
消耗品的に必要なのは模造紙だけで1枚あたり50円だから安いものです。
※もちろん町の文具屋さんでも買えます(100円ではありませんが)

 

●小売業、サービス業だけでなく色々な業種で役に立ちます。

たとえば税理士事務所で「節税」と
大きく書いて貼り出してみてはどうでしょう?
たとえば工務店で「台所改修が50万円でできる!」と
大きく書いて貼り出してみてはどうでしょう?
たとえば自動車整備会社で「無料点検!」と
大きく書いて貼り出してみてはどうでしょう?
たとえばクリーニング店で「シミ抜き!」と
大きく書いて貼り出してみてはどうでしょう?

インパクトがありますよ。

 

●まとめです。
≪筆で書く大型POP広告の特長≫
・誰でもできる。字が上手下手は気にしない!
・費用がかからない(模造紙が1枚60円程度)
・販促効果が高い!

 

●「筆で描く大きなPOP広告」セミナー講師を承ります

⇒ 誰でも書けるコツを伝授します!
⇒ コンサルティングも承ります。
商工会議所、商工会、あらゆるお店、あらゆる会社、あらゆる団体などでの出張セミナー講師、
また社内教育セミナーなど、講師のご用命を承ります。

※地元の商工会議所様や商工会様に「前沢を呼んでくれ」とご依頼してくださるのが効率的です。
また社内セミナーや講師としても独自にお呼びください。
 

★セミナーの内容

(準備編)

・道具を揃える(100均のお店で全部そろいます)
  書道用筆(太字用4本くらい)
  平筆(3センチ幅2本)
  ポスターカラー赤、黒、黄、青色(チューブ入り各1本)
  模造紙790×1090(とりあえず10枚くらい)
  マーカー(赤と黒)

・まずは何を売り込みたいかを決めよう

・キャッチコピーとタイトルを決める

・品名・規格・価格などを決める

 

(実技編)
・全体のレイアウトを考えてコピー用紙にイメージを描く

・それをもとに、模造紙に鉛筆で薄く下書きをする

・ポスターカラーを水で溶き用具を整える

・配色を考えながら書く

 ・化粧をすると映える

・取り付ける(場所が大事・取り付け方法)

 

 

■前沢しんじのセミナー受講者様の声の一部です

・先日は素晴らしい講演をありがとうございました。目から鱗でした。

・我々サービス業の仕事にすぐ役立つものばかりだった。

・何かをやればかならず何かにつながるという言葉が衝撃だった。その気持ちを再認識した。

・先生のお話を受けて80人が何かしら行動すると80通り以上の実践事例と成果が生まれますね。
 すごい事になりそうです!

・素晴らしい講義でした。大変勉強になりました。

・本当に役に立つお話をありがとうございました!
メンバーの事業所がより活性化するよう行動していきます。

 

 

■2016年までの講演・セミナー実績

・和歌山県・三重県の顧問先様では30年間に500回以上の
「売上げ・利益増加策社内セミナー」
を実施しました

・大阪杉野税理士事務所様顧客様向け講演「ロスを減らせばそのまま純利益《ロス退治術》」

・和歌山商工会議所様 消費税増税対策講演「売れる儲かる販促実践法」

・福井県鯖江商工会議所青年部様講演「事業所活性化アイデアベスト10」

・東北・北関東大手フランチャイズ加盟店様講演「ロス退治術」「情報共有の仕組みづくり」

・和歌山県橋本市文化センター様人権講演「おカネはなくてもゆかいな老後」

・和歌山県内ローカルスーパー様従業員教育セミナー
「誰でもできる筆で書く大型POP広告実習」

・和歌山県内小売業様幹部セミナー「0.1%の改善が経営を救う」

・愛知県A会計事務所様「組織がイキイキする会議術」

・大手都市銀行様顧客様向けセミナー「手作り社内報で組織を活性化する」

・日本青年会議所様(神戸)「社長の思いが伝わるミニ社内報【社長レター】」

 

 

■経営活性化アドバイザー前沢しんじプロフィール

1978年、販促企画事務所を起業。以来顧問先の食品チェーン店などでさまざまな売上げ・
利益増加策を展開し、全店を30年にわたって地域一番店に導いた。

得意分野は利益増加戦略の「ロス退治術」、地域一番店戦略の「販促キャンペーン」、
組織活性化戦略の「会議・社内報活用法」

主な著作
・売れる!儲かる!販促キャンペーン実践法(同文舘出版)
・雑誌「商業界」に特集執筆多数他、メルマガ、ビジネス著作など多数

●著作一覧は http://maezawa-plan.jp?p=40 

 

★【講師料金】15万円(約2時間・税込※料金応談)
 ※交通費別(新大阪駅または名古屋駅発着料金)・場合により宿泊費別

 

★ご用命は
地元の商工会議所様や商工会様に「前沢を呼んでほしい」とご依頼してくださるのが
効率的です。また社内セミナーや講師としても独自にお呼びください
(移動時間の関係上ご依頼をお受けできるのは本州内に限らせていただきます)

 

マエザワプラン前沢しんじ
・問い合せはお電話でどうぞ 080-1527-4080 
・メールでもOK maezawa@zb.ztv.ne.jp 
・HPはこちら http://maezawa-plan.jp/ 
・〒647-0042 和歌山県新宮市下田1-7-36