もうは、まだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●人生を変えるキッカケコトバ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  前沢しんじ 2016年2月12日(金) 〔第1162号〕







『もうは、まだ』







●「まだはもう」、「もうはまだ」という格言がある
そうな。







株を売買するときのコツらしい。







「まだ大丈夫だと思うときはもうすでにその時が来て
 いる」







「もういいかなと思うときは、まだその時期ではない」







うまいこといいますねぇ・・
株に限らず、何にでも当てはまる気がします。

 

●そんな気がするという「感覚」というものは実に曖

昧なものです。その感覚によって物事を決めたとして

も、そこには希望的観測や思い込みが大いに侵入して

いますから合理的でも科学的でもない。







●「もうダメだな」と思ったときは、じつはそこから

がスタートかもしれませんね。







因みに先人は語っています。







≪極限状態での可能性の追求が本当の創造につながる≫

                    安藤忠雄







≪万事休すという状態であきらめていないか?本当は
 そこから本物の知恵が湧く≫

                     孫正義







≪成功する人としない人の違いはあきらめるかどうか
 にある≫

              スティーブ・ジョブス







≪事業に失敗しなければチキンラーメンの研究に没頭
 する時間がなかった。失敗からのスタートだった≫
      
                    安藤百福







なんてね。