少々の努力で解決できるようなことは問題とは言わん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●人生を変えるキッカケコトバ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前沢しんじ 2016年1月29日(金) 〔第1160号〕

 

『問題』

 

●古い友人のオクダさんは、もともと僕の取引先の営
業担当部長だった。30年以上苦楽を共にして繁盛店づ
くりに燃えてきた戦友だった。

 

いまでは退職しているが、僕にとってはこの人がいな
かったら人生がもっと平凡なものになっていただろう
というくらいの大恩人だ。ビジネスの戦友が人生の真
の友になったのだった。

彼には色々なことを教えてもらったが、この言葉には
戦慄を覚えた。
「少々の努力で解決できるようなことは問題とは言わん」



●ビジネスは結局は「問題解決」の連続だ。



売上げ、利益を伸ばし続けることは至難の技で、それ
が30年以上となると革新革新の連続以外にない。常に、
わざわざ面倒なところに足を踏み入れていく以外にな
い。

いつも二人で話ばっかりしていた。会議前会議1時間、
会議本番2時間以上、会議後会議2時間。これが週1
回以上、毎週、それを30年。



よくも話が尽きないと思うくらい、さまざまな問題を
会議の俎上にあげて料理してきた。



●郵便局のカタログ販売の単品で日本一になったときも、
開店セールで田舎の専門店としては前代未聞の初日1000
万、2日目650万を売った時も、お客様を1000人以上集め
て店を休んで600万以上の経費をかけてイベントやった
ときも、新聞にも取り上げられた中小企業としての本格
的なCI戦略を打ち出したときも、難しいと言われた都
市への新店舗出店で平日日商100万を達成したときも・・・
ああ、色々なことがあった。そのたびに頭を寄せ合って、
侃々諤々とやってきた。いつも「問題」だらけだったが、
そのたびに、







「少々の努力で解決できるようなことは問題とは言わん」







を旗頭に乗り越えてきた。



いやー、おもしろかったよ。エキサイティングでスリ
リングで、しかし興奮と歓喜に満ちていた30年。







「少々の努力で解決できるようなことは問題とは言わん」







この言葉は今もこれからも、僕の精神的支柱だ。



————————————————
あとがき
————————————————



実は、でも今がそれ以上におもしろいんですよね~
仕事ってほんとにおもしろい。

そこに「問題」があると心が躍る。
だってそれは「問題」じゃないからね。

楽しみながら、その山を登ろうと思っています。