コストをかけずに利益を増やせる!ロス退治術

コストをかけずに利益を増やせる!ロス退治術
≪地域一番店アドバイザー 前沢しんじ≫
2015/12/2 ・・・(第543号)

●現在遅まきながら、ある小売店の緊急年末販促&活性化
企画を立てていますが、「打つ手はあるもんだなあ!」と
改めて感じます。
これまでやっていたのが「単なるセール」だけの場合、そ
のセール自体のやり方をアレンジするだけで、まったく違
ったものになることがあります。
以前「歳末感謝セール」というタイトルを、「社長のツル
のひと声!」というタイトルに変えて、社長の顔写真と、
心からのあいさつ文と、従業員の「やります!」という姿
勢を打ち出したところ、毎年90万くらいだった売り上げが
270万まで激増したことがあります。特売商品の内容はほと
んど前年と変わらず、打ち出し方を変えただけで3倍です!
打ち出し方を変える威力はすごいんです。

今回企画している件でも、打ち出し方を変える他に、

(1)毎週土日企画「ぶらり○○○へ!」というタイトルで、
違うメディアへの出稿によって新しいお客様を狙う。店長
の顔写真入りで親しみのあるあいさつを入れる。
(2)12月20日前後に年末お買い物カンフル企画。思い切った
タイトルと内容で打ち出す。
(3)筆で書く大型POPで勢いをつける。今いちばん売りた
い品を店頭に大きく訴求し、店内には店頭POPと同じ小
型のものを掲示する。(そのスーパーの会議で、誰でも書
ける筆POPを実演講習します)
(4)「これはもっと売れる」という商品をみんなで考えて、
強力に打ち出して(販促キャンペーン)人気商品にする。
(5)お客様ともっと仲良くなろう企画。そのためにテーマを
決めて実行しよう。売り込みではなく、お客様との関係づ
くりの声かけ。
・・・などなどです。

上は即効性のある企画で、全員の情報共有と意志統一をき
ちんとやればかならず効果があります。
でも実際やるとなると、「人がいない」「カネがかかる」
「売り場がない」・・・など、「それはこういうわけで難
しい⇒できない」という言い訳が出てきます。どこの会議
でもいっしょです。
そんなときいちばん必要なのが「リーダー」です。「みん
なでやろう」と誰かが声を上げる。誰かがやり始めたら動
き始めます。だれかに声を上げさせる。それが経営者の仕
事でもあります。
もともと、人、カネ、売り場などすべてが万全に備わった
店などありません。要は工夫です。工夫する気があるかど
うか、だけです。わざわざ面倒なことをするのが販促で、
わざわざ面倒なことをしたところが勝ち残るのです。

コツコツと「お客様のため」を積み上げるのが、結局いち
ばん成長の土台作りになります。わずか0.1%の効き目でも
それを10項目やれば1%になる。販促は合わせ技でもありま
す。経験的にいっぺんに大ヒットなんてことはあまりあり
ません。小さな積み重ねが蓄積すると結局一年後すごい効
果になっているものです。

上の企画は販促の一例を示したものです。実は打つ手とい
うのは限りなくあります。そこのお店の経営状況、商圏、
客層、特長などから、一番ふさわしい企画を立てることに
なりますが、どのような打つ手も考えられます。売り上げ
が伸びない店、落ちている店はもともと「何もやっていな
い」ことが多いので、打つ手はいくらでもあるのです。

↓↓↓↓
★そーだ!宣伝させてもらおう。

↓↓↓↓

●上のようなさまざまな販促手法を、一覧ですべて見るこ
とができるポスターが「販促の地図」です。お役に立ちま
す!  http://maehan.jp/contents/ct_04/
●これと決めた商品を売り込んで地域一番商品をつくる方
法が「販促キャンペーン」です。お役に立ちます!
http://maehan.jp/contents/ct_14/
※今回は「ロス退治術」についての記載はお休みします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「利益を増やすロス退治術セミナー」講師を承ります■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《セミナテーマ 「荒利益が15%も上がったロス退治術」》
この他、色々なテーマを用意しています。右の「講演おすす
めテーマ」をごらんください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━